トップ

最近の自動車保険の特約の中に「弁護士費用特約」というものがあります。弁護士費用特約というのは、契約者、又はその家族、若しくは契約車に搭乗中の人などが、自動車事故による人身被害や物損被害に遭い、損害賠償請求を行う際に生じる弁護士費用等を支払ってもらえるものです。一般的に、弁護士費用等は300万円、法律相談費用は10万円が限度になっています。

この弁護士費用特約が非常に効果を発揮することがあります。
交通事故を起こすと、保険会社が契約者に代わって相手と修理費の見積もりなども含め示談交渉をしてくれますが、それは契約者にもいくらかの「過失責任」がある場合だけです。例えば、「赤信号で停車中に追突された」、「駐車場に駐車している時にぶつけられた」などという時は、被害者には全く責任がありません。被害者に過失がない場合、保険会社は示談交渉の代行をしません。傷害に関する保険の情報や見積もりについては実体験に基づいた自動車保険の口コミサイトにも紹介されています。

その理由は、自動車保険が基本的に、事故によって損害を与えた相手への賠償に備えるためのものだからです。過失が無い場合は、当然賠償する必要はありません。従って、保険会社は関与することができません。もし、被害者に代わって示談交渉をすると、それは弁護士以外の人が行う弁護業務となり、「非弁行為」と言って、法律違反になるからです。
そのため、被害者本人が加害者や、加害者の加入している保険会社と示談交渉をしなければなりません。しかしながら、法律や保険の知識に乏しい素人が、百戦錬磨の保険会社の担当者を相手に正当な賠償金の見積もり、支払い交渉をしていくのは至難の業です。低い金額を提示されて、泣き寝入りする人も少なくありません。

そこで、どうしても弁護士の助けが必要になりますが、その時に弁護士費用特約によって、弁護士に依頼する訴訟(仲裁・和解など)費用を賄うことができます。また、特約では被害者一人に対し300万円となっているので、同乗者に被害者が複数いれば、被害者ごとに300万円を支払ってもらえます。
ちなみに、賠償金額の基準にも色々あり、弁護士に依頼した方が一般的に賠償金額は高額になるケースが多くなっています。
自動車保険に加入するメリット | 自動車保険見積もりのメリット

自動車保険見積もりの体験談